お問い合わせ
【活動報告:5】一番、何にきもちが動くのか、知っていますか?

第5回目になる【ぱぱとままになるまえに】

活動を初めて、一年弱。だんだんと活動が知られてきて、

なんと今回は全員合わせて33人。うれしいうれしい大反響でした。
一番遠くからは京都からきてくれた子も。

今回お話してくださったのは、さとこさん。
またしても臨月の妊婦さんです。


休憩中にも、参加者のみんなからの質問に真剣に応えてくれているさとこさん。(photo:sinya fujiwara)
実は、わたしとさとこさん、これでお会いするのが二度目で。笑

わたしも、参加者のみなさんとおなじくらいに、さとこさんのこれまでと、今と、これからについて、聞きたかったうちの一人でした。

会の中で、さとこさんのお話を聞いていると、『すごいなぁ~。いいなぁ~。こうなりたいなぁ~。』と感じた。

さとこさんは、ほんとに、旦那さまとの関係の築きかたはもちろん、家族になっていく段階をしっかり“しすぎなくらい”しっかり、丁寧にしているように感じられた。

話を聞いていて、憧れと、尊敬と同時に、大きな疑問がうまれてきた。

わたしもさとこさんのようになりたいって思ってるし、さとこさんのあの話を聞いて、参加者のみんなの中にも、さとこさんのようになりたいって思った人はたくさんいたはずだ。

けれど、“そこまで”できない。

これは、さとこさんの話以外にもつながることだ。

いくら“いい”とされる子育て本を読んでも、いくら“いい”人の講演を聞いても、“そこまで動かされる何か”がないとできないのだ。

『なのになぜ、さとこさんはそこまでできるのか。』

そんな疑問をそのまま、さとこさんに伺ってみた。

そうしたら、さとこさん自身が育った家族環境のことをお話してくださった。

幼いころ、お父さまが亡くなってからの、残された家族とのこと。

その中で、『家族になること』への強い想いがさとこさんの中にむくむくと育っていったこと。

「あぁ、そうか。」と、しっくりきた。

自分が一番何に突き動かされるのか、認知している人は、強い。

一般的によく言われるような、勝ち負けのような強い・弱いというニュアンスの話ではなくて、

自分の感情が一番動くポイントをしっかりと知っている、認められている人は、

その一番感情がむくことへ、まっすぐにむかっていけるんだなぁと感じた。

そんな“自分の感情が一番動くポイントを知ること”って、できたらいいんだけれど、なかなかできなかったりする。

それをできているさとこさんのお話を、“ぱぱとままになるまえ”のみんなといっしょに聞いて、そして自分自身感じることができて、よかった。

きっと、“それ”を見つけられることって、“ぱぱとままになるまえ”の世代にとって、とても大事なことなんだと思う。


今回の参加者の方の多くは、話を聞きながらメモを取っていたりして、真剣そのもの。(photo:sinya fujiwara)

——–

さとこさんの話を聞いたあとは、ワールドカフェへ。

今回のテーマは、

【(ぶっちゃけ)結婚の条件って、何?】でした。笑


さとこさんの話が終わって、ワールドカフェの‘問い’を決めているときの様子。(photo:sinya fujiwara)

いつもの通り、まーぼーのファシリテーションにより、スタートしました。

参加者の人の中には、結婚はしているけれど子どもはまだいない方や、
同棲していてもうすぐ結婚も近い?!な人がいたり、
私のように彼氏(彼女)さえいない人もいたり(笑)
もちろん、彼氏(彼女)がいるって人もいたりしました。

ぱぱとままになるまえの世代にとって、友だち同士や、恋人と、
【結婚の条件】についてって、なかなか話したことないテーマだと思います。

「結婚の条件なんてないでしょ~。運命的なものでしょ。」と、感じているときもあると思います。
けれど、絶対にあるはず、自分では認知していない結婚の条件。笑

と、いうことで今回のテーマにしました。


さて、真っ白な模造紙には、どんなことが書き残されていくのでしょうか。(photo:sinya fujiwara)

・お互いのやりたいことが尊重し合えること。
・ずっと働いててほしい。働きたい。
・金銭感覚、趣味が合う。

などなど…。

それぞれの‘結婚の条件’が出て、それを形成した自身の価値観や、他者の価値観に触れて、
みんなそれぞれ感じたことは違ったようです。


いろいろ出てきた、それぞれの‘結婚の条件’(photo:sinya fujiwara)

最後に、みんなで記念撮影!


見事に顔だらけな写真。笑(photo:sinya fujiwara)

来て下さったみなさま、ありがとうございました!

ひろみ